健康食品で健康的な暮らしのガイドのTOPに戻る
「健康食品で健康的な暮らしのガイド」トップ >  健康食品の選び方 > 健康食品の選び方 飲み合わせの問題


健康食品の選び方 飲み合わせの問題

健康食品の取り方で体質や栄養の補給以外にも大切なポイントがあります。
健康食品の飲み合わせをチェックすることも大切な問題です。
健康食品であっても誤った取り方をすることで、具合を損ねてしまうことがあります。
健康食品によって健康を阻害する一番の原因が、決められた摂取量を守らず効果を得ようと大量に摂取してしまうことがあります。
健康食品の飲み合わせを知っていれば避けられるような飲み合わせもあります。

病院で指示された医薬品と健康食品との相性ですが、一般的な知識だけでは及ばないこともありますので、医師から指示された医薬品を飲みながら健康食品も摂取したいという人は1度、摂取したい健康食品について医師に確認をしてみることをおすすめします。
摂取したい健康食品と飲んでいる医薬品がある場合は、病院に必ず問い合わせてチェックをするようにしましょう。

特にアスピリンやチクロジビン、パナルジン、ワルファリンなどは血栓予防のための医薬品ですので、にんにくエキスやビタミンA、イチョウ葉エキスなどの健康食品では効果が強くなりすぎてしまうということがあります。
これらの健康食品と医薬品の組み合わせ以外にも、医薬品の効き目を相殺してしまうものなど、想像していない作用が出てしまう場合があります。
健康食品は医薬品を処方されている時には、気軽に摂取し始めていいものではありません。
健康食品を摂取する場合には病院から指示された医薬品についての正確な知識を得ることを特におすすめします。