健康食品で健康的な暮らしのガイドのTOPに戻る
「健康食品で健康的な暮らしのガイド」トップ >  健康食品の選び方 > 健康食品の効果を得るための選び方


健康食品の効果を得るための選び方

健康食品の効果を得るための選び方ですが、健康食品をどのような基準で選べば良いかは、健康食品に含まれている成分を知るのと同じくらい大事なことです。
健康食品にも粒タイプや粉タイプ、液体タイプなどがありますが、これは栄養成分を摂取しやすくするためや製造上の問題で決められています。

健康食品は長期保存に耐えるためや品質を維持するために添加物を使用している場合があります。
添加物の中には亜硝酸ナトリウムやプロピレングリコール、リン酸塩など、使用目的がよくわからない物から、着色料や発色剤、酸化防止剤などが含まれているような健康食品もあります。
添加物は身体に有害なものではないと言われてはいますが、添加剤がなければ絶対にいけないというものではない場合も少なくないようです。

身体に良い栄養素を補給するため健康食品を摂取するのですから、よくわからない添加物まで一緒に取り入れることもありません。
健康食品はどのように製造されたかで異なりますし、天然成分のものと合成成分のものではまた違います。
化学的に製造した成分から製造された健康食品と、植物など天然由来の素材から製造された健康食品とがあります。
効果はそれほど違いが少ないものもありますが、ほとんどの場合、効果において大きな差があると考えられていますので、健康食品が天然成分から製造されてれているか、合成化学成分から製造れているかは、健康食品を選ぶ場合の重要なポイントになると思います。